コーヒー生豆、インドネシア・マンデリン・リントン/1kg

コーヒー生豆、インドネシア・マンデリン・リントン/1kg

販売価格: 販売価格は会員のみ公開(税込)

在庫数 5点
マンデリンの栽培はほとんどが小農家のため、栽培方法、乾燥方法、保存方法が各農家で異なり、品質の安定化を図るのは難しいです。品質のバラつきが多いマンデリンは、開発の難しいコーヒー生豆アイテムのひとつだとされています。

輸入商社の(株)兼松は、この問題を解決するため、以下の変動要因を無くし品質の安定化を図ったのだそうです。

=栽培エリア
=輸出業者
=コレクター
=精選方法

<買い付け者担当コメント>
マンデリンの開発で一番苦労するのは、品質安定でした。品質の安定化を求めすぎ、農園アイテムとなると、価格がかなり高くなり使いにくい商品になってしまいます。
マンデリンG1(コモディティ)と高価格帯の中間の商品を目指したのが、この商品です。
品質、価格の両方がそろった商品となっていると思います。

他の写真

  • 【IQグレーダーのカップ評価】
    ・抜群の安定性をほこるマンデリンフレーバーがしっかり出ており、後味はすっきり。
    ・しっかりとしたBodyの中で、甘味、酸味もある。リントンニフタの特徴がしっかり表現されている。
    ・上品でなめらかなマウスフィールのマンデリン。リントンニフタ特有の甘味、ボディ、コクが良く出ているカップ。
    【2014.10.28】